TDR アトラクション図鑑

こまかくしぼりこむ

年月を選択 から
ディズニーリゾート
ディズニーランド
ディズニーシー
キーワード
表示順を選択

メディテレーニアンハーバー 歴代アトラクション一覧

tokyodisneyresort.jp
tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp

ソアリン:ファンタスティック・フライト

2019/7/23~

世界6大陸の様々な場所をハンググライダーで飛行する体験

TDS

メディテレーニアンハーバー

①アトラクション名の「Soarin'」は、舞い上がるという意味の英単語「Soar」を元にしている。

②カリフォルニアやフロリダでは、オープン当初はカリフォルニア州の映像を採用していた。

▽ひみつを見る

③2016年6月に上海ディズニーランドのオープンに合わせて、空撮映像がカリフォルニア上空から、世界旅行バージョンに変更された。

④名称も「ソアリン」から「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」に変更された。

⑤世界旅行バージョンからのアトラクション設置となったパークは名称が変更されており、上海は「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」、東京は「ソアリン:ファンタスティック・フライト」となっている。

⑥東京ディズニーシーに建設されることを、2016年4月27日に初めて公式発表された。

⑦東京ディズニーシーの本編映像は、基本的には「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」をベースとしているが、冒頭の雲のシーンで、カメリアの相棒であるハヤブサのアレッタが飛んでいるシーン、クライマックス前の東京の夜景は、東京ディズニーシーオリジナルの映像である。

▽もっとひみつを見る

⑧映像はIMAXのオムニマックスシステム(半球状のスクリーンに映像を映写するシステム)を使用している。

⑨東京ディズニーシー上空のシーンの花火の一部にミッキーフェイスになるものがある。

⑩2019年2月21日より新菱冷熱工業が新たなスポンサーとして発表されており、当アトラクションを提供している。

⑪開業初日は、開園から10~20分程でファストパスの発券が終了することが多かった。

▽バックグラウンドストーリー

メディテレーニアンハーバーを見下ろす丘に建つ博物館。

それは、人類が夢見た空を飛ぶことをたたえる「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」。

カメリア(冒険家学会S.E.A初の女性会員)の父チェッリーノが創設した飛行研究に関する博物館である。

1815年9月4日にオープンし、チェッリーノが初代館長を務めた。

常設展示「飛行へのインスピレーション」では、オベリスクと歴史・生物学・考古学・テクノロジーをイメージした展示を行っており、他にも、カメリアの生誕100周年記念で特別展を開催中である。

そのため、建物内では肖像画や思い出の品々、研究資料を通して、カメリア自身の人生を振り返ることができる。

その一環として、彼女が設計したドリームフライヤーが展示されている。

ここを訪れたゲストは、空飛ぶ乗り物「ドリームフライヤー」に乗って、風や匂いを感じながら、世界中の名所や大自然をめぐる雄大な空の旅を楽しめる。

tokyodisneyresort.jp
tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp

ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

2001/9/4~

東京ディズニーシーの各所を結ぶ蒸気船

TDS

メディテレーニアンハーバー

①メディテレーニアンハーバー、アメリカンウォーターフロント、ロストリバーデルタに乗り場がある。

②船舶を使用するため、国土交通省関東運輸局から「トランジットスチーマーライン航路」として、13隻による「人の運送をする不定期航路事業」認可を取得している。

▽ひみつを見る

③各ボートは法律上は小型船舶に該当するので、本来は船舶番号の表示等が義務付けられている。

④「登録対象外の船舶」として、「告示で定められた以下の水域のみを航行する船舶」に「東京ディズニーランド内の人工池」、「東京ディズニーシー内の人工池及び人工水路」が明示してあるため、登録対象外となっている。

⑤19世紀から20世紀初頭にアメリカ北東部の湖や河川を航行していた小型蒸気船を再現。

⑥13隻のボートは、赤・黄色・緑・水色・青の5色あり、歴史上の探険家や航海家の名前が付けれられている。

⑦赤
PONCE DE LEON(ファン・ポンセ・デ・レオン)= スペインの探検家
NELLIE BLY(ネリー・ブライ) = アメリカのジャーナリスト
FRANCIS DRAKE(フランシス・ドレーク)= エリザベス朝のイングランドのゲール系ウェールズ人航海者

▽もっとひみつを見る

⑧黄色
MARCO POLO(マルコポーロ)= ヴェネツィア共和国の商人であり、冒険家
MOLLY BROWN(モリー・ブラウン)= アメリカの活動家

⑨緑色
HENRY HUDSON(ヘンリー・ハドソン)= イングランドの航海士、探険家。
JOHN SMITH(ジョン・スミス)= イギリスの軍人
SEBASTIAN CABOT(セバスチャン・カボット)= 16世紀のイギリスの航海者

⑩水色
JACQUES CARTIER(ジャック・カルティエ)= フランスのブルトン人探検家
ADMIRAL PEARY(アドミラル・ピアリ)= アメリカの探検家
LEIF ERICKSON(レイフ・エリクソン)= アイスランド生まれのノルマン人航海者

⑪青色
CAPTAIN COOK(キャプテン・クック)= イギリスの海軍士官、海洋探険家
AMERIGO VESPUCCI(アメリゴ・ヴェスプッチ)= アメリカ州を探検したイタリアの探検家、地理学者

⑦メディテレーニアンハーバーで行われる水上ショーでは、ショーに合わせて改造され、何隻か使用されているため、ショーの準備時間帯にアメリカンウォーターフロントのドックの左側に停船されている光景が見られる。

⑧東京ディズニーシー5周年の9月4日には、5周年にちなんで、赤・黄・緑・水色・青の5隻の蒸気船が並び、10周年の9月4日には3隻の蒸気船がハーバーの真ん中に停船し、開園時間と同時に汽笛を鳴らし、パークオープンを知らせた。

⑨蒸気機関を用いながら燃料は石炭ではなく、天然ガスを燃料としている。

▽バックグラウンドストーリー

オフィスはロストリバーデルタ乗り場付近にある、世界中の港を結ぶ小型蒸気輸送船。

各テーマポートに様々な荷物を運搬しています。

メディテレーニアンハーバー乗り場近くのレストランを営むザンビーニ兄弟が作ったワインを出荷したり、ロストリバーデルタではインディージョンズが発掘道具を運んだりしています。

日中は陽気な音楽と共に開放的で活気に満ちた冒険の船旅を、夜は水面に映る灯りに包まれるロマンティックな船旅を。

tokyodisneyresort.jp
tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp

ヴェネツィアン・ゴンドラ

2001/9/4~

ゴンドラに乗って美しい運河を巡る

TDS

メディテレーニアンハーバー

①ヴェネツィアの運河にあるゴンドラ(伝統的手漕ぎボート)を模したもの。

②各ゴンドラには2人のゴンドリエがおり、オールを使って漕いで進んでいる。

▽ひみつを見る

③メディテレーニアンハーバーはイタリアの街並みを元に作られているため、イタリアの世界観に合わせて、ゴンドリエはイタリア風の名前を名乗り、「チャオ」(こんにちは)、「アリベデルチ」(さおうなら)とイタリア語で挨拶をする。

④開業当初は夜間運営は行っていなかったが、現在は一日中運営している。

⑤ヴェネツィアン・ゴンドラでしか見ることができない風景や景色がある。

⑥運河を巡りながら5つの橋をくぐるが、橋にはそれぞれ名前や意味がある。

⑦1つ目の橋
「イソラ・デル・ゴンドリエーレ」= ゴンドリエの島(ゴンドラ乗り場に行く時に渡る橋)

▽もっとひみつを見る

⑧2つ目の橋
「ポンテ・デッラルティスタ」= 芸術家の橋(イタリアン料理の「 リストランテ・ディ・カナレット 」に渡る橋)

⑨3つ目の橋
「ポンテ・デイ・ベンヴェヌーティー」= 歓迎の橋(ディズニーシーに入園した人が最初に渡る橋)

⑩4つ目の橋
「ポンテ・デル・リド」= リド橋(リドアイルに続く橋)

⑪5つ目の橋
「ラ・ドルチェ・ヴィスタ」= 美景の橋(橋の上からメディテレーニアンハーバーをきれいに見渡せる橋)

⑦誕生日シールを貼ってゴンドラに乗ると、ゴンドリエがイタリア語でハッピーバースデーを歌ってくれる。

⑧結婚式のプログラムとして、新郎新婦を乗せて運行することができる。

⑨運河周囲に並ぶ建物には、ゴンドラは発着する場所として階段がついている。(実際には発着しない)

▽バックグラウンドストーリー

陽気でおしゃべり好きのゴンドリエたちがこぐゴンドラに乗って運河をひとめぐり。

優雅でロマンティックな旅をお楽しみあれ!

tokyodisneyresort.jp
tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp

フォートレス・エクスプロレーション

2001/9/4~

自由に歩いて探検し大航海時代の世界を体感する

TDS

メディテレーニアンハーバー

①アトラクション内に3つのレストラン( マゼランズ マゼランズ ・ラウンジ、 リフレスコス )が存在する。

②様々な展示物があり、実際に見たり触ったりできる。

▽ひみつを見る

③アトラクション内はフォートレス(要塞)、キー(埠頭)、ガリオン船(ルネサンス号)の3か所のエリアに分かれている。

④エクスプローラーズ・ホールに飾られている12人の肖像画は、バックグラウンドストーリー内では「Society of Explorers and Adventures(S.E.A.)」と呼ばれる組織の創始者であるとされる。

⑤埠頭に停泊中の全長約30mのルネサンス号は、大航海時代に活躍したガリオン船をもとにした、本物かと思わせるような精巧な作りになっている。

⑥東京ディズニーシー5thアニバーサリーのテーマソングであるMISAの「Sea of Dreams 〜Tokyo DisneySea 5th Anniversary Theme Song〜」のCDの裏ジャケットにはこのルネサンス号の写真がある。

⑦砲台が要塞内、ルネサンス号内に設置されており、ドーンという音ともに白い煙が噴き出すようになっているが、不発の時もあり、ハーバーでショーが行われている時は、全て不発で終わるようになっている。

▽もっとひみつを見る

⑧アトラクション内に様々な模様をした旗が6つ並んでいる柱があり、この旗は国際信号旗(海上において船舶間での通信に利用される世界共通の旗)でできており、旗をアルファベットになおすと、”MICKEY”となる。

▽バックグラウンドストーリー

メディテレーニアンハーバーの入り口を守り固めるために建設され、その後Society of Explorers and Adventures(S.E.A.)に譲渡された。

S.E.A.は探検、冒険、研究で得た知識をS.E.A.のメンバーだけでなく、一般の人々とも分け合いたいと考え、活動拠点として「フォートレス・エクスプロレーション」を造った。

※S.E.A.とは
世界のディズニーパークにおいて、探険家・冒険家である架空のキャラクターが所属する架空の団体。

1538年8月12日、新しい知識の取得に尽力するために学会は設立された。

創設メンバーは、「イブン・バットゥータ」「ヴァスコ・ダ・ガマ」「エンリケ航海王子」「クラウディオス・プトレマイオス」「クリストファー・コロンブス」「ティコ・ブラーエ」「ピュテアス」「フェルディナンド・マゼラン」「フランシス・ドレーク」「マルコ・ポーロ」「レイフ・エリクソン」「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の12名。

各々の旅路で発見、知識、芸術を世界中へ広めるために活動しており、紋章には「冒険」を象徴するガリオン船、「ロマンス」を象徴するアーミラリー天球、「発見」を象徴する羅針盤、「発明」を象徴する絵筆や彫刻道具が描かれている。

トップへ戻る

最上部へ最上部へ