TDR アトラクション図鑑

こまかくしぼりこむ

年月を選択 から
ディズニーリゾート
ディズニーランド
ディズニーシー
キーワード
表示順を選択

アラビアンコースト 歴代アトラクション一覧

tokyodisneyresort.jp
tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp

ジャスミンのフライングカーペット

2011/7/18~

映画『アラジン』をモチーフに空飛ぶ魔法の絨毯に乗って高度を調整しながら空中旋回する

TDS

アラビアンコースト

①動きそのものは、東京ディズニーランドの「スタージェット」や「空飛ぶ ダンボ 」とほぼ同じ内容。

②2010年3月17日に計画が発表され、東京ディズニーシー開園10周年の年にオープン。

▽ひみつを見る

③元々、「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」の待ち列だった場所に設置。

④パリ版は、アグラバーへの ジャファー の逆襲をテーマにしている。

⑤アトラクション概要はマジックキングダム版とほぼ同様である。

ジャスミン の名を冠するのは東京ディズニーシーのみである。

⑦アトラクション入口に、 ジャスミン のペットである ラジャー と、目にルビーがはめられたトラの像があり、このトラの像は辺りが暗くなると目が赤く光りだす。

▽もっとひみつを見る

⑧正面のアーチの壁面の装飾には、 ジャスミン ラジャー が庭園で過ごしている様子が描かれている。

⑨アトラクションを上から眺められる展望バルコニーがある。

⑩日が暮れてくると、アトラクション中央にあるきらめく噴水がライトアップされる。

⑪アトラクション内外には、「 ジャスミン 」が植えられている。

▽バックグラウンドストーリー

ジャスミン の美しい庭園を、空飛ぶ絨毯に乗って自由自在に飛び回る。

tokyodisneyresort.jp
tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

2007/3/29~

シンドバッドと一緒にボートに乗って伝説の国々を旅をする

TDS

アラビアンコースト

①乗船中臨場感を出すために、嵐の中旅をしている場面でごく少量であるが、水に濡れる場面がある。

②シンドバッドがサルやチャンドゥとともに、音楽を奏でるシーンではバナナのにおいを発している。

▽ひみつを見る

③2009年3月16日には、ライド乗り場に自動ドアが設置された。

④リニューアル前のシンドバッドの声は、唐沢寿明であったが、リニューアル後は、坂元健児(劇団四季ライオンキングで初代 シンバ 役)が務めている。

⑤ファストパス対象アトラクションではないが、他のアトラクションのファストパスにセットされている「サプライズ・ファストパス」として、ファストパスが発券されることがある。

⑥アトラクション内で流れるBGM『コンパス・オブ・ユア・ハート』は、ディズニー映画『 アラジン 』の主題歌『ホール・ニュー・ワールド』などを作曲したアラン・メンケンが手掛けており、歌唱はシンドバッドの声を務めている坂本健児によるもの。

⑦チャンドゥは、アラビアンナイトにもディズニー映画にも登場しない、東京ディズニーシーだけのオリジナルキャラクターである。

▽もっとひみつを見る

⑧登場人物の動きや、打ちあがる花火など、全てテーマソング「コンパス・オブ・ユア・ハート」のリズムに合うようになっている。

⑨アトラクション内には隠れミッキーの他に、隠れ アラジン ジャスミン がいる。
(冒険最後に登場する地図に魔法の絨毯に乗っている アラジン ジャスミン が描かれている。)

⑩巨人やサルたちは、リニューアル前は凶暴なキャラクターだった。

▽バックグラウンドストーリー

シンドバッドの故郷バズラ。

旅に出るシンドバッドを見送るため、街はお祭り騒ぎ。

「心のコンパスを忘れるな」という長老の忠告を胸に、シンドバッドはチャンドゥと共に、かけがえのない最高な宝物を手に入れるために、7つの海へと旅に出る。

ゲストもそんなシンドバッドと一緒に船に乗り出発。

tokyodisneyresort.jp
ozmall.co.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp

マジックランプシアター

2001/9/4~

世界で一番偉大?なマジシャンと陽気なジーニーの3D映像による迫力と臨場感あふれるマジックショー

TDS

アラビアンコースト

①映画『 アラジン 』とは異なる独自のストーリー。

②序盤は、シャバーンとアシームの二人で進行するため、最近流行っているお笑いネタから時事ネタなど、アドリブでゲストに問いかけたり、演者によって内容が変化する。

▽ひみつを見る

③シャバーンとアシームが「夢の国」といったパークの隠語や、「ここは休憩所ではない」と、シアタータイプならではの発言など、世界観の設定から逸脱した発言をすることもある。

④アシームが鍵を探して客席をウロウロまわってきた来た時に、「この鍵は違う?」と家の鍵などを差し出すと、アドリブでアシームが応えてくれる。

⑤マジックランプシアターは隠れミッキーではなく、隠れ ジーニー がたくさん隠れている。

ジーニー の声を務めるのは、山寺宏一。

▽バックグラウンドストーリー

自らを世界一のマジシャンと称するシャバーン。

しかし、誰がどう見ても素人芸という有様。

ある時シャパーンの弟子アシームが魔法のランプを見つける。

不思議な超能力を持つランプの魔人、 ジーニー が出現。

魔法で3つの願いを叶えてくれるという話を聞いたシャパーンは、アシームからランプを奪い、「世界一偉大なマジシャンに変身」と願う。

魔法のおかげでマジックショーは大成功。

しかし、願いを全部叶えてしまったシャバーンの人気は落ち、 ジーニー が人気者になってしまう。

妬んだシャバーンはある夜、 ジーニー が眠っている間にランプごと鍵付きの箱に閉じ込めてしまった。

その翌日、シャバーンの初めてのワンマンショーにゲストは訪れる。

ランプの入った鍵をアシームは見つけ、 ジーニー と再会できるのか?!

シャバーンは1人でマジックを成功させることが出来るのか?!

tokyodisneyresort.jp
tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp tokyodisneyresort.jp

キャラバンカルーセル

2001/9/4~

映画『アラジン』を元にした2階建てのメリーゴーラウンド

TDS

アラビアンコースト

①カルーセルが回転中に流れる曲は、映画『 アラジン 』でも使用された「アラビアン・ナイト」や「ホール・ニュー・ワールド」である。

②2006年9月30日をもって森永製菓がスポンサーを撤退し、2017年12月1日より現在の大和ハウス工業がスポンサーになった。

▽ひみつを見る

③エキゾティックな宮殿の中庭に建つ、華やかな建物「キャラバンカルーセル」は、世界文学の名作『アラビアンナイト』がモチーフになっている。

④2階の外壁の棟飾りには、16枚の『アラビアンナイト』の物語の場面がいくつか垣間見ることができる。

(王は女性不信で、妻を迎えては翌日に処刑をする怖い人。王国から女性が次々と逃げていくのを悲しんだ娘は、自ら王に嫁ぐことを決心。自分の身を守るため秘策をとった。王に毎晩物語の話を聞かせ、いつも一番面白いところで朝になり、続きを聞きたい王は、彼女の処刑を延期することにした。こうして時は流れ、千一夜も続いた。)

⑤物語に登場する馬や、獅子の胴体に鷲の頭と羽を持つグリフィン、古代の二輪馬車チャリオット、ラクダ、象、など異国情緒あふれる乗り物がそろっている。

⑥世界のディズニーのパークのカルーセルの中で、2階建てなのは東京ディズニーシーのみ。

▽バックグラウンドストーリー

アラビアの砂漠を旅するキャラバン隊。

優雅でエキゾティックな砂漠の旅を楽しむ。

jami-ru.com

シンドバッド・セブンヴォヤッジ

2001/9/4~2006/9/29

シンドバッドと一緒にボートに乗って冒険の旅

TDS

アラビアンコースト

①東京ディズニーシーにあるアトラクションの中で一番多くオーディオアニマトロニクスを使用している。

②東京ディズニーシーオープン時点では、アラビアンコーストの代表的アトラクションとして扱われており、パーク内の触地図では、シンドバッド・セブンヴォヤッジのみが掲載されていた。

▽ひみつを見る

③アラビアンコーストのアトラクションでは、シンドバッド・セブンヴォヤッジのみ建物の外に規模の大きな待ち列が設けてあった。

④説話物語集『千夜一夜物語』に登場する「船乗りシンドバッド」の物語に基している。

⑤シンドバッドの声を務めるのは、唐沢寿明。

⑥終盤に登場する中古船を売る商人の声を務めるのは、松尾貴史。

⑦大規模なアトラクションであるにもかかわらず、ストーリーが暗く人気はいまひとつであったため、リニューアル工事を実施するためクローズした。

▽もっとひみつを見る

⑧アトラクション外にある待ち列はほとんど使われることが無かったほど。

▽バックグラウンドストーリー

船乗りシンドバッドは大商人の息子であった。

父を早くに亡くし、そして莫大な遺産を受け継いだ。

そのあまりの富は彼を翻弄し、気が付いた時にはその遺産のほとんどを使い果たしていた。

ようやく目を覚ました彼は、残りの財産を売り払い、立派な船と冒険に必要な品々を揃えた。

ゲストはそんなシンドバッドの航海に同行することとなった。

トップへ戻る

最上部へ最上部へ