DISNISTA!

ディズニーカード図鑑ディズニーカード図鑑

ディズニーアニメ映画図鑑

こまかくしぼりこむ

年月を選択

から

制作元を選択

ディズニー

ピクサー

キーワード

表示順を選択

「ジャングル・ブック」を含む ディズニーアニメ映画 一覧

ルイスと未来泥棒

2007/3/30 公開

ディズニー

①キャッチコピー『本当に発明したかったのは、≪家族≫かもしれない――。』

②ウィリアム・ジョイスの子供向け絵本「ロビンソン一家のゆかいな一日」を原作に制作。

③アメリカでは本来は2006年12月15日公開の予定だったが、ピクサーの買収により製作の実権を握ったジョン・ラセターの指示により公開を延期し、全面的に作り直された。

④公開後間もなく、続編の制作が企画されたが、ジョン・ラセターにより中止されている。

⑤劇中に登場する「Todayland」という街はディズニーランドやマジック・キングダムの「Tomorrowland」エリアを基に描かれおり、このエリアは東京ディズニーランドにも存在する。

ロビン・フッド

1973/11/8 公開

ディズニー

①原作は中世イングランドの伝説『ロビン・フッド』。

②この物語を『狐物語』を原案としてアレンジした。

③1940年代に企画されたが、ウォルトは主人公が義賊だったために制作を見送った。

④何年もかけて多くの脚本家やアニメーターらによってストーリーやスケッチが作られ、その数はスケッチだけで25万枚に達する。

⑤1966年にウォルトが死去した後、ウォルフガング・ライザーマン(ウォルト・ディズニー・プロダクションに在籍していたアニメーター)らによってキャラクターを皆、動物にアレンジする手直しが加えられ、構想から20年以上たってアニメ化が実現。

もっとひみつを見る

⑥セル画枚数は10万枚。背景画枚数は800枚。

⑦予算を大幅に減らされた状態での制作を強いられていたので、コストカットのために様々な工夫が施されている。

⑧『白雪姫』『ジャングル・ブック』『おしゃれキャット』などの過去作のシーンと完全に同じ動きのアニメーションを使うことでコストカット。

ジャングル・ブック

1967/10/18 公開

ディズニー

①ウォルトの死後、最初に公開された長編作品。

②ウォルトの死から50年たった2016年、実写版『ジャングル・ブック』が公開。

おすすめのカテゴリから絞り込む

トップへ戻る
ディズニーカード図鑑ディズニーカード図鑑