DISNISTA!

ディズニーカード図鑑ディズニーカード図鑑

ディズニーアニメ映画図鑑

こまかくしぼりこむ

年月を選択 から
制作元を選択
ディズニー
ピクサー
キーワード
表示順を選択

ディズニーアニメ映画 歴代一覧

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

1993/10/29 公開

ディズニー

①原案・原作はティム・バートンによるもの。

②ナイトメアー・ビフォア・クリスマスの原型はティム・バートンがディズニーのアニメーターとして働いていた頃に書いた詩である。

③バートンはこの詩を書いた理由について、ドクター・スースの絵本『いじわるグリンチのクリスマス』を正反対にしたストーリーを思いついたことがきっかけだったと語っている。

④1982年、ティム・バートンの初監督作品である『ヴィンセント』の成功を受けて、ディズニーはナイトメアー・ビフォア・クリスマスの映像化を企画。

⑤企画当初は30分のテレビスペシャルとして放送される予定だったが、内容が不気味過ぎるという理由でこの企画は中止。

もっとひみつを見る

⑥しばらくは手つかずのままであったが、1990年に再びディズニーでナイトメアー・ビフォア・クリスマスを長編映画として映像化する企画が持ち上がり、およそ3年の製作期間を経て完成。

⑦ストップモーション・アニメーション技法に加え、最新のデジタル映像技法を取り入れ製作。

⑧ストップモーション・アニメーションの作成は非常に手間のかかる作業であり、ティム・バートンはこの間『バットマン リターンズ』の撮影中であったため、ヘンリー・セリックが監督を務めた。

⑨映画のセットにペン画の雰囲気を持たせるために、セットの表面に線を刻み込むという工夫が施されている。

⑩その際、アートディレクターはロナルド・サールやエドワード・ゴーリーの絵を手本にしたと語っている。

⑪ナイトメアー・ビフォア・クリスマスを公開する際に、子どもにとっては内容が暗く不気味過ぎると判断したディズニーは、ディズニーの実写映画部門の1つであるタッチストーン・ピクチャーズの名義で公開。

⑫ヘンリー・セリック監督はインタビューにて、「ジャックの姿の着想源は長い脚で華麗に動く蜘蛛である」と語っている。

⑬インダストリアル・ライト&マジック(アメリカの特殊効果制作会社)が3D変換とCG制作を手掛けたデジタル3D版は2006年から毎年のハロウィンシーズン限定でウォルト・ディズニー・ピクチャーズの名義で公開している。

⑭東京ディズニーランドのアトラクション『ホーンテッドマンション』では、ハロウィンから年明けまで期間限定でこの映画を元にした『ホーンテッドマンション ホリデーナイトメアー』というバージョンになり、ジャック・スケリントンやサリーなどが登場する。

⑮2014年にアメリカの大手映画批評サイトRotten Tomatoesが発表した「2014年版クリスマス映画ベスト25」では、第7位にランクイン。

隠れキャラクターを見る

①女の子のパジャマの柄がドナルド。

②その弟のパジャマの柄はミッキー。

トップへ戻る